正しく使えば避妊率は99%!低用量ピルで大切な体を守りましょう

元気を出す女性

女性は自分で大切な身体を守ることも必要であり、低用量ピルは正しく使えば避妊率は99%です。プロゲストーゲンやエストロゲンなど、女性ホルモンが含まれているのが低用量ピルであり、服用により血液中の女性ホルモンの濃度は上がります。

卵巣から女性ホルモンが十分に分泌をされていると、身体は勝手に勘違いをして視床下部への抑制がかかるのが仕組みです。下垂体刺激物質の分泌の抑制だけではなく、卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンの下垂体からの分泌も抑えます。

頚管粘液はバリアとして感染防御のために子宮の入り口に存在していますが、頚管粘液の量を減らすのも低用量ピルです。頚管粘液は粘着性になりますので、子宮内には精子が入りにくくなります。卵管と子宮の運動性もピルの服用により変わってくるので、精子と卵子の輸送にも同様に影響があるのも、受精しにくくなる要因です。

子宮内膜はピルの成分により着床にはベストな環境ではなくなりますから、受精卵着床の抑制にもつながります。グリコーゲン産生も減ってしまうので、子宮内部で受精卵が生存する確率を下げるのも抑制の要因です。着床しにくい状態に変わるのは、宮内膜が薄くなるのも理由になります。

経口避妊薬を飲む以外にも避妊をする方法はありますが、避妊方法と避妊率及び失敗率から見た時に、断トツで成功率が高いのは低用量ピルです。100人あたり1年間の失敗率で見た時に低用量ピルでは0.05から2.0人、コンドームは2から10人で基礎体温法は15から30人と、どれだけ優れているかがわかります。

フィルム状の殺精子剤は確実な印象ですが、膣炎を起こすケースもゼロではありません。子宮内に挿入する子宮内避妊器具は、人によって体に合わないこともあります。留置したものの腹痛が起きたり不正性器出血が起こるようでは、避妊以前に健康状態が心配になるばかりです。

含まれるホルモン量も少ない低用量ピルであれば、身体に及ぼす悪影響はとても少なくて、女性が自分で自分の身体を守ることができます。プロゲストーゲンの黄体ホルモンと、50μg未満のエストロゲンの卵胞ホルモン、これらが経口避妊薬の主成分です。

中用量や高用量が以前は主流ではあったものの、今では低用量がメインになり、ホルモンを含む量も以前の5分の1から10分の1程度になっています。医薬品ですから副作用はゼロではないものの、身体への影響も副作用も軽いものです。低用量ピルは正しい知識を持ち、正しく使うことで女性を守ってくれます。

関連記事
アフターピルはなるべく早めに飲むことで効果が高まります!正しい使い方を知っておきましょう 2020年06月26日

アフターピルは緊急避妊ピルとも言われており、できるだけ早急に服用すること、正しい使い方をすることで、避妊の効果を高めることになります。望まない妊娠を避けるためにあるアフターピルにより、受精卵の着床を防ぐことができます。服用は避妊に失敗をしてから一刻も早い方が良いですが、72時間以内に1回服用して、次...

避妊に失敗、性犯罪に巻き込まれた・・・そんなときは緊急避妊にアフターピルを使いましょう 2020年05月19日

避妊に失敗してしまった、性犯罪に巻き込まれた、そんなトラブルの際には緊急避妊にアフターピルを使うことです。周りの明るくさせてくれる赤ちゃんですが、望まれて生まれてくるべきであり、望まない妊娠は避けなければなりません。緊急避妊ピルを使うことにより、お薬に含まれる成分が体内で働きます。妊娠をする仕組みに...

喫煙とピルの併用はNG!タバコは血管を収縮させ血栓症を引き起こす恐れがあります 2020年04月12日

低用量ピルを服用するのであれば喫煙とピルの併用はNGです。なぜなら、タバコは血管を収縮させ血栓症を引き起こす恐れがあるためです。望まない妊娠を避けるための、女性ができる成功率の高い避妊手段であり、辛い生理痛の緩和や生理不順の改善にもなります。効果を最大限に発揮させるためには、正しい利用方法を守らなけ...

海外のピルの普及率は日本と比べて高い!女性の意識の違いがあるのです 2020年03月18日

海外のピルの普及率は日本と比べて高く、そこには女性の意識の違いがあります。昔から受け身になりやすいのが日本人女性の特徴でもあり、避妊に対しても男性任せにしてきた部分も否めません。また避妊方法の選択肢も少なかったですし、避妊目的の低用量ピルが国内で認められたのは1999年と遅かったこともあります。すで...

避妊の効果だけじゃない!低用量ピルはひどい生理痛を改善させる効果もあります 2020年02月21日

低用量ピルはどこまでも女性の味方であり、避妊の効果だけではなくひどい生理痛を改善させる効果もあるお薬です。毎月順調に訪れる月経は、女性にとって大切なものである反面で、ホルモンバランスが乱れることで、さまざまな心身の不調を感じやすくなります。自然な状態の時の生理通はきついと感じても、低用量ピルの服用に...